目的別クレジットカードおすすめ比較

クレジットカードには様々な種類があり、利用シーンに応じてメリットデメリットが存在します。

ここでは、2019年最新のクレジットカードからおすすめ出来るカードを目的別に比較出来るように一覧にして解説していきます。


普段使いに最適なオールマイティに使えるメインカードのおすすめ比較

店舗や利用シーンを選ばず、オールマイティなメインカードとなるクレジットカードのおすすめを比較しています。

ライフカード アンドロメダカード 三井住友VISAデビュープラスカード
券面 ライフカード券面 アンドロメダカード券面 三井住友VISAデビュープラスカード券面
年会費 無料 無料 1,250円+税(初年度無料)
翌年も前年1回以上の利用で無料
(利用が無い場合は1,250円+税)
還元率 0.50%~1.50% 1.00%~2.00% 1.00%~1.50%
特徴 入会初年度はポイント1.5倍、誕生月は3倍、年間の利用金額に応じて最高2倍にまで還元率が上がる高還元カードです。 貯まったポイントはGooglePayに自動交換されるので消失することもなくコンビニなどで手軽に使えるためアンドロイドユーザーには特におすすめのカードと言えます。 「18歳以上25歳以下限定」の本カードは通常カードに比べ、ポイント還元率2倍、入会3ヶ月間はポイント5倍と高い性能を持っています。
詳細を見る
申し込み
詳細を見る
申し込み
申し込み
三井住友VISAカード 楽天カード ACマスターカード
券面 三井住友VISAカード券面 楽天カード券面 ACマスターカード券面
年会費 1,250円+税(初年度無料)
マイ・ペイすリボの登録と利用、または年300万円利用で翌年以降も無料
無料 無料
還元率 0.50%~2.50% 1.00%~3.00% -
特徴 デビュープラスカードと同様に3/1からの性能アップによりとても使い勝手のいいカードとなっています。デビュープラスカードと違いは「旅行障害保険」が自動付帯となっています 常時1%の還元率も魅力ですが「楽天市場」の利用で3%、マクドナルドやくら寿司、ミスドなど、様々に用意された加盟店で利用することで2%のポイント還元を受けることができます。 ポイントが還元がないなど性能的は低いのですが、年会費永年無料、最短即日発行で、事前に「3秒診断」を利用すれば審査の合否のシミュレーションできます。審査に不安がある方にはおすすめのカードです。
詳細を見る
申し込み
詳細を見る
申し込み
詳細を見る
申し込み

スーパーなどでお得に使える食費節約系クレジットカードのおすすめ比較

スーパーやコンビニなどで、割引きや高いポイント還元を受けられる食費節約系のクレジットカードのおすすめを比較しています。

セディナカードJiyu!da! セブンカードプラス イオンカード
券面 セディナカードJiyu!da!券面 セブンカードプラス券面 イオンカード券面
年会費 無料 500円(初年度無料)
翌年も前年度5万円以上の利用で無料
無料
還元率 0.50%~1.50% 0.50%~1.50% 0.50%~1.33%
特徴 他社カードと比べ「5%割引」になる特定日が毎週日曜という機会の多さも魅力ですし、そらにダイエー、イオン、セブンイレブンでの利用は、いつ使ってもポイント3倍 セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズで利用すればポイント3倍、オムニ7、西武、そごう他の対象店舗でポイント2倍になるなどのサービスあり。 イオン系列店でお得なカード。現在50種類以上の様々な特典が用意されたカードが存在しており、自分に最適な性能のカードを見つけることができます。
詳細を見る
申し込み
詳細を見る
申し込み
詳細を見る
申し込み
UCSカード 三井住友VISAカード 三井住友VISAデビュープラスカード
券面 UCSカード券面 三井住友VISAカード券面 三井住友VISAデビュープラスカード券面
年会費 無料 1,250円+税(初年度無料)
マイ・ペイすリボの登録と利用、または年300万円利用で翌年以降も無料
1,250円+税(初年度無料)
翌年も前年1回以上の利用で無料
還元率 0.50%~1.00% 0.50%~2.50% 1.00%~1.50%
特徴 アピタ、ピアゴで5%割引となるUCSカード。また宇佐美直営のガソリンスタンドで利用すれば、1Lあたり2円引きになる割引サービスも用意されています。 2019/3/1から大幅に性能アップした三井住友visaカード。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでポイント5倍になっています。 三井住友VISAカード同様にセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでポイント5倍になっています。こちらは年会費永年無料。
詳細を見る
申し込み
詳細を見る
申し込み
申し込み

ゴールドカードおすすめ比較

プライオリティパスや高額な旅行障害保険付帯など、様々なサービスが充実しているゴールドカードのおすすめ比較です。

三井住友VISAゴールドカード 楽天プレミアムカード JCBゴールドカード
券面 三井住友VISAゴールドカード券面 楽天プレミアムカード券面 JCBゴールドカード券面
年会費 10,800円(初年度無料)
支払い方法の指定やサービスの申し込みにより、翌年度以降4,000円に割引
10,800円 10,800円(初年度無料)
還元率 0.50%~2.50% 1.00%~5.00% 0.50%~1.50%
特徴 年会費も条件クリアで4,000円になるため、かなり格安に所持することで出来るゴールドカード。しかしサービスは充実しておりとても機能的なゴールドカードだと言えます。 年会費の安さでプレステージ会員同等のサービスが受けられるクレジットカードは他にありません。付帯される旅行障害保険も国内、海外ともに最高5,000万円までと充実。 国内利用ではとにかく強いプロパーゴールドカードです。ディズニーランド内の「club33」に入店可能な「JCB THE CLASS」を手に入れるにはまず本カードの会員から。
詳細を見る
申し込み
申し込み 詳細を見る
申し込み
セゾンプラチナビジネスAMEX AMEXゴールドカード セゾンゴールドAMEX
券面 セゾンプラチナビジネスアメリカンエクスプレスカード券面 アメリカンエクスプレスゴールドカード券面 セゾンゴールドアメリカンエクスプレスカード券面
年会費 20,000円(税抜)
年間200万円以上のショッピング利用で、次年度年会費を10,000円(税抜)に優遇
29,000円(税抜) 10,800円(初年度無料)
還元率 0.50% 0.33%~0.50% 0.50%
特徴 プラチナクラスに見合わない年会費の安さと、プライオリティパス最高クラスのプレステージ会員や最高1億円の旅行傷害保険自動付帯が魅力のカードです。 以前に比べて審査が通りやすくなった本カード。憧れカードの代名詞である「アメゴ」はとにかく「ステイタス」を求める方のためのカードと言えます。 通常プラチナ以上のカードにしか付帯されない「航空便遅延費用補償」や「手荷物遅延、紛失」の補償を年会費10,000円で受けることができるゴールドカードです。
詳細を見る
申し込み
詳細を見る
申し込み
申し込み

ネットショッピング向けクレジットカードおすすめ比較

楽天市場やAmazon、価格.comなどのネットショッピング利用に最適な、クレジットカードのおすすめ比較です。

楽天カード 楽天プレミアムカード Yahoo!JAPANカード
券面 楽天カード券面 楽天プレミアムカード券面 Yahoo!JAPANカード券面
年会費 無料 10,800円 無料
還元率 1.00%~3.00% 1.00%~5.00% 1.00%~3.00%
特徴 年会費無料ながら、楽天市場での利用では常にポイント3倍。通常利用でおいても1%のポイント高還元の便利なカードです。 年会費は必要ですが、楽天市場での買い物がいつでもポイント5倍さらに誕生日月ならなんと6倍となるプレミアムカード、プラオリティパスも旅行傷害保険も充実。 YAHOO!ショッピング、ロハコの利用で3倍のポイントを貯めることが可能です。Tポイントを利用しているので様々な店で利用することが出来るので利便性も高いカードです。
詳細を見る
申し込み
詳細を見る
申し込み
詳細を見る
申し込み
アンドロメダカード リクルートカード REXカード
券面 アンドロメダカード券面 リクルートカード券面 REXカード券面
年会費 無料 無料 無料
還元率 1.00%~2.00% 1.20%~3.20% 1.75%~2.25%
特徴 JACCSモールを経由することで、amazon、楽天市場、YAHOO!ショッピングなど様々なサイトで常時1.5%以上の高還元でポイントを貯めることが可能。 じゃらんやホットペッパー、ポンパレモールなどで、ポイントを高還元に貯めることが可能です。また通常ポイント還元率も1.2%と高いのでメインカードとしてもおすすめ。 アンドロメダカード同様、JACCSモール経由で様々なサイトをお得に利用できる本カード。価格.comにて「価格.com安心支払い」を利用すれば1.5%の高還元カードとなります。
詳細を見る
申し込み
詳細を見る
申し込み
詳細を見る
申し込み
Copyright(c) 2019 クレジットカードおすすめ比較 .All Rights Reserved.