三井住友VISAゴールド基本情報

バランスの良さNo.1
三井住友ブランドのステイタス
4000円に下がる年会費
充実したプレミアムサービス

三井住友VISAゴールド最新キャンペーン情報
キャンペーン内容 最大7,000円分のキャッシュバックプレゼント
キャンペーン期間 ~2017年3月31日

年会費 1年目 2年目以降
0円 10,000円(税別)
*翌年から条件クリアで4,000円(税別)
ETCカード 家族カード
利用のない場合は500円(税別)
*初年度無料
VISAまたはMasterCardいずれか1枚:
1人目無料、2人目から1,000円(税別)
VISAとMasterCardの2枚
1人目無料、2人目から2,000円(税別)
お申込資格 原則として満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方(※ゴールドカード独自の審査基準により発行)
発行期間 最短3営業日

本カードの申し込みボタン

旅行関係が充実したリーズナブルなゴールドカード

三井住友VISAゴールドの特徴は、他社ゴールド同様に、なんといっても旅行関係サービスの充実です。
国内主要空港のラウンジ利用はもちろん、保険の充実、補償対象の充実など、旅行に安心なサービスがとにかく充実しています。
ここでは、三井住友VISAゴールドの特徴や注意点を解説していきます。検討中の方は確認しておきましょう。

空港ラウンジももちろん利用可


各社が発行するゴールドカードの一番の特徴ともいえる「空港ラウンジの利用」ですが、もちろん三井住友VISAゴールドにも備わっています。
国内の主要28空港の空港のラウンジ受付で「三井住友VISAゴールド」と「搭乗券」を提示するだけで、ラウンジを利用することが可能となり、フライトまでの時間をゆったりと過ごすことができます。
これは、家族会員でも同様ですので、もしご家族で旅行されるなら、事前に家族カードを発行しておくことをオススメします。

海外、国内、どちらも最高5,000万円の旅行傷害保険

旅行時に万が一、事故などのアクシデントにあってしまった場合でも、三井住友VISAゴールド会員であれば、最高5,000万円の補償がされます。
しかし、事前に旅費などのカード利用での支払いの有無により補償額が変わってきますので注意が必要です。
さらに、海外旅行傷害保険のみで会員本人の場合と補償内容は異なりますが、家族特約として、会員家族にも海外旅行傷害保険が付帯されます。

ショッピング補償も充実

カードを利用して購入した商品が、購入日から90日間の間に、破損や盗難による損害にあってしまった場合でも、最高300万円を補償してもらうことができます。

国内での利用も便利

旅行時のサービスが特徴的な三井住友VISAゴールドですが、国内においての普段の利用にも便利です。
上記のショッピング保険は、旅行時のみだけではなく普段の買い物にも適応されるのはもちろん、病気などで、医師に相談したい場合には、24時間、年中無休で無料電話相談をする事ができます。

三井住友VISAゴールドはプレゼントポイント2倍

さらに、三井住友VISAゴールド会員であれば、一般カードに比べ2倍のボーナスポイントを取得することができます。
ボーナスポイントとは、前年度の利用金額で決まる、v1、v2、v3の三段階のレベル設定と、今年度の利用金額に応じて受け取ることが可能となるポイント制度のことです。

割高な年会費を大幅に下げる

このように、大変充実した機能をもつ三井住友VISAゴールドですが、問題なのは二年目以降支払い義務が生じる(初年度無料)10,000円(税別)もの年会費です。

しかし、この高い年会費もコースの選択により、半額以下の4,000円(税別)にまで下げることができます。
それは、明細書を紙ではなくWEBで受け取る「Web明細書コース」と、支払い方法をリボ払いに設定する「マイ・ペイすリボコース」に変更することです。

明細書をWebにすることは、さほど問題ではないと思いますが、手数料がかかってしまうリボ払いへの変更は大きな問題だと思います。
しかし、この「マイ・ペイすリボ」は、通常のリボ払いとは違い、支払い金額を毎月設定する事ができます。
なので、常に全額支払いするように金額の上限を設定しておけば、お買い物時に気をつけるだけで、手数料を支払うことなく、年会費を大幅に下げることができます。

マイ・ペイすリボの裏ワザでポイント2倍

さらに、この「マイ・ペイすリボ」は、リボ払い手数料を払うと、ポイントが2倍になるサービスが用意されています。
「手数料がかかっては意味がない!」と思われるかもしれませんが、引き落とし日にリボ残高が101円以上残るように、ローソンのLoppiなどで前倒しの臨時返済などで調整することで、リボの手数料を1円にし、ポイント2倍のサービスを受けるという大変お得な裏ワザが使えます。

このように、サービスの充実した三井住友VISAゴールドは、年会費も抑えて持つことができる魅力をあるカードです。
初めてのゴールドカードを持ちたいと思われる方にも大変おすすめです。

三井住友VISAゴールド詳細情報一覧

年会費 1年目 2年目以降
0円 10,000円(税別)
*翌年から条件クリアで4,000円(税別)
ETCカード 家族カード
利用のない場合は500円(税別)
*初年度無料
VISAまたはMasterCardいずれか1枚:
1人目無料、2人目から1,000円(税別)
VISAとMasterCardの2枚
1人目無料、2人目から2,000円(税別)
お申込資格 原則として満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方(※ゴールドカード独自の審査基準により発行)
発行期間 最短3営業日

ポイントサービス 名称 有効期限
ワールドプレゼント 3年
ポイント付与 利用ポイントレート
1000円=1ポイント 3円~5円

金利・手数料 分割払い リボ払い キャッシング
12.00%~14.75% 15.00% 14.40%~15.00%
(海外キャッシングサービスは 15.00%0~18.00%)
支払方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括/分割払い/リボ払い

空港利用情報 空港ラウンジ プライオリティパス
28空港の空港ラウンジを無料利用可 -

保険情報 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険
最高5,000万円(事前の旅費等の当該カードでのお支払い有無により最高補償額が異なる) 最高5,000万円(事前の旅費等の当該カードでのお支払い有無により最高補償額が異なる)
ショッピング保険 盗難保険
300万円 カードを不正使用され場合、届け日から90日前にさかのぼりそれ以降の損害額を補償

発行会社 三井住友カード株式会社
所在地 大阪市中央区今橋4-5-15
設立年月日 1967月12月

本カードの申し込みボタン

三井住友VISAゴールド類似カード

  • アメックスゴールドカード
  • セゾンプラチナビジネス
  • JCB ゴールド・カード
  • 年会費:29,000円(税別) 年会費:20000円(税別)
    *年間200万円以上利用で、翌年の年会費は半額
    年会費:10000円(税別)
    (ネット注文で初年度無料)
    旅行傷害保険:
    海外 最高一億円
    国内 最高5,000万円
    (どちらも旅行代金カード決算が条件)
    旅行傷害保険:
    海外 最高一億円
    国内 最高5,000万円
    旅行傷害保険:
    海外 最高一億円
    国内 最高5,000万円
    (旅行代金をカード決算しなければ海外は最高5,000万円)
    憧れの「アメゴ」。ステータス性の高さとプライオリティパス自動付帯が魅力。センチュリオン(ブラックカード)を狙うならここからがスタート。
    なんといってもプライオリティパス 最高クラスのプレステージ会員が自動付帯が魅力。インビテーションいらずで直接申し込みが出来るプラチナ。
    海外、国内、どちらの旅行傷害保険もカード利用なしでも最高5,000万円(海外のみカード決算で最高一億円)国内にとにかく強いJCBブランド。
    Copyright(c) 2017 クレジットカードおすすめ比較 .All Rights Reserved.