ライフカードとオリコカードザポイントを比較!おすすめのカードは?

ライフカード券面 オリコカードザポイント券面

どちらも年会費永年無料ながら、ライフカードは誕生月にポイント1.5%、オリコカードザポイントは入会後半年間はポイント2%と、期間によってポイント付与率が大幅に上がる両カード。

では、どちらのカードがどのような方に便利でなのか、あらゆる角度から比較、検証して、おすすめのカードを解説していきたいと思います。


両カードの基本情報比較

先ずは年会費や家族会員費、またETCカードの有無といった基本的なカード性能から比較してみましょう。

ライフカード券面
ライフカード
オリコカードザポイント券面
オリコカードザポイント
年会費 永年無料 永年無料
家族カード 永年無料 永年無料
ETCカード 永年無料 永年無料
国際ブランド MasterCard
JCB
VISA
MasterCard
JCB
電子マネー - iD
QUICPay
申込資格 高校生を除く18歳以上 高校生を除く18歳以上
発行期間目安 最短3営業日発行 最短8営業日発行

ライフカード、オリコカードザポイント、どちらも本会員、家族会員ともに年会費永年無料、ETCカードも無料付帯と所持するだけでは一切の料金がかからないクレジットカードとなっていますが、電子マネーの有無や選べる国際ブランドの種類などで微妙に差があります。

申し込み資格も、どちらも18歳から申し込みOKとなっており、審査のハードルも低いため現在多くの方が利用する人気カードとなっています。
では、どのような違いがあるのか、順に細かく比較していきましょう。


ポイント還元率で両カードを比較

ポイントのイメージ画像

利用シーンを問わず貰えるポイント還元率は、ライフカードで0.5%、オリコカードザポイントで1%と異なりますが、両カードとも利用する店舗や期間などによって還元率が大幅に上がる仕組みとなっています。

ライフカード券面
ライフカード
オリコカードザポイント券面
オリコカードザポイント
通常ポイント還元率 0.5% 1%
最大ポイント還元率 1.5% 2%
ポイントレート 1000円=1ポイント 100円=1ポイント
ポイント有効期限 最大5年間有効 ポイント獲得月を含めて12ヵ月後の月末

ライフカードは利用額でステージが変わる

ライフカード券面

ライフカードの場合は、入会後1年間は、いつどこで利用しても通常の1.5倍となる0.75%となります。
また年間の利用額によって4段階のステージが用意されており、年間で200万円以上利用すれば最高ステージとなり、翌年度のポイント還元率は最大2倍の1%に上がります。

ライフカードのステージ説明

また上記以外にも、誕生月の1ヶ月間は3倍の1.5%になり、専用のショッピングサイトである「L-Mall」を利用すれば、最大でなんと25倍の12.5%もの還元率でポイントを受け取る事が可能です。


オリコカードザポイントは入会後半年間は2%の還元率

オリコカードザポイント券面

オリコカードザポイントは、入会後半年間は利用シーンを問わず2%のポイント高還元カードとして利用する事ができます。

オリコカードザポイントは入会後半年間は2%の還元率

ここ数年、1%以上の還元率を持つカードが増えてきましたが、それでもまだまだ0.5%のカードが一般的ですのでどちらのカードも高還元カードだと言えるでしょう。
つまり、どちらもメインカードとして利用するのに最適であると言えます。


交換可能なポイントの用途の種類で両カードを比較

交換可能なポイントの用途の種類

使い方によっては高還元ポイントカードとなる両カードですが、利用シーンが限定的ならせっかく貯めたポイントも無駄になってしまいます。
では、貯めたポイントの用途にどのようなものがあるのかを順に比較していきます。


ライフカード券面
ライフカード
オリコカードザポイント券面
オリコカードザポイント
移行可能なポイント ANAマイレージクラブ
dポイント
au WALLET ポイント
ベルメゾン・ポイント
楽天スーパーポイント
Gポイント
ANAマイレージクラブ
dポイント
au WALLET ポイント
ベルメゾン・ポイント
楽天スーパーポイント
Tポイント
JALマイレージバンク
オリコプリペイドカードへのチャージ
WAONポイント
Pontaポイント
移行可能なギフトカード Amazonギフト
Vプリカ
AOYAMAギフトカード
カラダファクトリーギフトチケット
こども商品券
三光マーケティングフーズお食事券
JCBギフトカード
図書カード
QUOカード
JTB旅行券
ANA SKY コイン
Amazonギフト券
iTunesギフトコード
Google Play ギフトコード
nanacoギフト
EdyギフトID
ファミリーマートお買い物券
すかいらーくご優待券
自治体ポイント
UCギフトカード
キャッシュバック あり(1サンクスポイント → 4.55円換算) なし
カード申込み ライフカード申し込み>> オリコカードザポイント申し込み>>

両カードとも貯めたポイントの様々な使い道がありますが、特徴としてはギフトカードに交換しやすいライフカードと、他社ポイントに移行しやすいオリコカードザポイントといった特徴があります。

また、マイルを貯めるならANAマイル、JALマイル、どちらにも対応しているオリコカードザポイントが便利ですが、こちらはキャッシュバックには対応していないといったそれぞれの特徴があります。

ですので、自身の生活スタイルでどちらのカードが便利かを見極める事が重要となってきます。


付帯保険で両カードを比較

付帯保険のイメージ

カードに付帯している保険の内容で比較すると、ライフカードとオリコカードザポイントでは全く同一で、どちらも盗難保険のみと少々寂しい状況となっています。

つまり、完全にショッピング向けクレジットカードとなっているので、旅行に携行するには不向きであると言えます。

 
ライフカード券面
ライフカード
オリコカードザポイント券面
オリコカードザポイント
紛失・盗難保険 カードが紛失・盗難に遭い不正使用されても、届け出た日の60日前にさかのぼりそれ以降に不正使用された損害を補償
海外旅行傷害保険 なし
国内旅行傷害保険 なし
ショッピング保険(動産保険) なし
カード申込み ライフカード申し込み>> オリコカードザポイント申し込み>>

しかし、ライフカードなら、無印のライフカードに各種保険をプラスした「トッピングカード」や「ライフカード<旅行障害保険付>」、「HYDE CARD」など、様々な種類が用意されています。
オリコカードザポイントも同様に「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」なら、旅行障害保険をはじめとした各種保険が付帯するカードが存在します。

 
ライフカード<トッピングカード>
年会費 : 初年度無料(次年度以降1,250円)
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
年会費 : 1,950円
紛失・盗難保険 カードが紛失・盗難に遭い不正使用されても、届け出た日の60日前にさかのぼりそれ以降に不正使用された損害を補償
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害:2,000万円 死亡・後遺障害:2,000万円
傷害治療費用:200万円
疾病治療費用:200万円
携行品損害:20万円(免責1事故3,000円)
賠償責任:2,000万円
救援者費用等:200万円
国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害:1,000万円
動産保険(ショッピング保険) 300万円 100万円

入会キャンペーンで両カードを比較

ライフカードキャンペーン オリコカードザポイントキャンペーン

利用者を増やす目的で各社が力を入れているクレジットカードの入会キャンペーン

ライフカードもオリコカードザポイントも入会キャンペーンには力を入れており、とても充実したものとなっています。

ここでは、両カードでどのような入会キャンペーンを行なっているのか、2019年9月現在の内容で比較していきたいと思います。

ライフカード券面
ライフカード
オリコカードザポイント券面
オリコカードザポイント
入会キャンペーン内容 最大10,000円相当(2,000ポイント)プレゼント 最大8,000円オリコポイントプレゼント
キャンペーン期間 2019/10/1〜2019/12/31 2019/9現在で終了のアナウンスはありません
カード申込み ライフカード申し込み>> オリコカードザポイント申し込み>>
 

2019/12/31までは、ライフカードがオリコカードザポイントと比べて2000円相当もポイントが多くもらえるので、その期間まででしたらライフカードを選ぶ方がおすすめです。


ライフカードとオリコカードザポイントオススメ比較まとめ

結論

ここまでで、クレジットカードが持つ基本情報やポイント還元率、また付帯する保険や入会キャンペーンなど、様々な角度から比較したライフカードとオリコカードザポイントですが、ではどちらのカードがどのような方にオススメなのかをまとめてみましょう。

クレジットカードのポイントの性能だけで比較するなら、還元率も高く交換できる用途も多いオリコカードザポイントがおすすめです。
しかし、クレジットカードの審査に不安がある方や、最短3営業日というスピードカードでもあるので、今すぐにでもクレジットカードが欲しい方は、ライフカードがおすすめです。
特に今は入会キャンペーンがとても充実していますので、この機会を逃さない事が重要です。


Copyright(c) 2016 クレジットカードおすすめ比較 .All Rights Reserved.