Yahoo! JAPANカード 基本情報


Yahoo!ショッピングやヤフオク利用でお得
年会費永年無料 Tポイントを貯めたいならコレ

Yahoo! JAPANカード 最新キャンペーン情報
キャンペーン内容 入会、利用で、もれなく5,000ポイントプレゼント
キャンペーン期間 2016年5月11日(水)12:00~2016年6月15日(水)11:59

年会費 初年度 2年目以降
年会費永年無料
ETCカード 家族カード
0円 年会費永年無料
申込資格 18歳以上で安定した継続収入のある方
本人が無収入でも配偶者に収入のある方
学生(高校生を除く)
発行期間 約1週間



Yahoo! JAPANカードと楽天カードを比較しておすすめのカードを検証


Yahoo! JAPANカードと楽天カード盤面

Yahoo!ショッピングやヤフオクなどの「Yahoo!」のサービスをお得に利用できるYahoo! JAPANカード。
それ以外の利用でも、常時1%のポイント還元などなかなか高性能なカードとなっています。

では「Yahoo! JAPANカード」にはどのような特徴があるのか、また性能がよく似た類似カードである「楽天カード」と比較した場合、どちらがおすすめカードとなるのかを検証していきたいと思います。



ポイント還元率で比較


Yahoo! JAPANカード 楽天カード
通常ポイント還元率 1% 1%
ポイントレート 100円=1% 100円=1%

Yahoo! JAPANカード、楽天カード、両カードも利用シーンを問わず貰えるポイント還元率は1%となっています。

ここ数年、1%以上の還元率を持つカードが増えてきましたが、それでもまだまだ0.5%のカードが一般的ですので、どちらのカードも高還元カードだと言えるでしょう。 つまり、どちらもメインカードとして利用するのに最適であると言えます。


ポイントの利用シーンで比較


Tポイントと楽天スーパーポイントロゴ
Yahoo! JAPANカード 楽天カード
ポイントの種類 Tポイント 楽天スーパーポイント
利用出来るコンビニ ファミリーマート、スリーエフ サークルKサンクス、ポプラ

上記で解説したとおり、どちらのカードも1%ポイント還元となっています。 しかし、還元されたポイントはREXカードのように利用金額のキャッシュバックとして利用することが出来ず、ポイントとして還元される仕組みとなっています。 つまり、同じ還元率であっても、還元されるポイントの種類により使い勝手は大きく異なります。

Yahoo! JAPANカードは、全国のファミリーマートやTSUTAYAをはじめ、様々な場所で利用できるTポイントとして受け取ることが出来ますが、楽天カードの場合は、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天が運営するサービスや、サークルKサンクス、ポプラなどで利用出来る「楽天スーパーポイント」での還元となっています。

加盟店数ではTポイントが圧倒していますが、自身の生活スタイルを考えて、どちらが適しているのかを想定しておくことが重要です。


ポイント加盟店数で比較


Yahoo! JAPANカード 楽天カード
2016/6現在の加盟店数 118店 127店

Yahoo! JAPANカードでは、「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク」「LOHACO」など、
楽天カードでは「楽天市場」「楽天トラベル」「楽天ブックス」など、それぞれにポイントがお得に貯まる専用のサービスが用意されています。
それ以外にも、それぞれの加盟店での利用で通常の1%ポイント還元に加え、さらにポイントが加算される仕組みとなっています。

現時点(2016/6)での加盟店数は、Yahoo! JAPANカード(118店)、楽天カード(127店)と楽天カードの方が多い状態となっていますが、これらの加盟店は日々増加しているので、それぞれ確認してどちらが自分の利用シーンに適しているのかを知ることが重要です。


付帯保険で比較


Yahoo! JAPANカード 楽天カード
ショッピング保険
購入から90日間を補償
×
海外旅行傷害保険 ×
海外旅行中の病気やケガを最大2,000万円まで補償
追加保険サービス
月額490(税抜き)初月無料
×

Yahoo! JAPANカードと楽天カードでは、付帯される保険に関してもっとも大きな違いがあります。

どちらのカードにも、カードの盗難やインターネット上での不正利用をされた場合の補償は存在しますが、他社のクレジットカードで一般的な「海外旅行傷害保険」は楽天カードのみ、カード利用で購入したの商品が万が一破損した場合に補償される「ショッピング保険」はYahoo! JAPANカードのみとなっています。

またYahoo! JAPANカードには月額490円(税抜き)のプラチナ補償というものがあり、これに加入することで「車上荒らし被害補償」や「自転車事故賠償責任補償」、「個人情報漏洩過失責任補償」、「旅行・イベントキャンセル補償」など、実に様々な保険を付帯することが可能となります。


[結果]おすすめカードは?


ファミリーマートとサークルKサンクスロゴ

この様に、付帯保険以外はとても性能がよく似ている両カード。 ですので、海外旅行の為にクレジットカードを作りたいといった方は、旅行傷害保険が自動付帯される「楽天カード」がおすすめですが、そうでなければ、
ファミリマートの利用頻度が高ければYahoo! JAPANカード、サークルKサンクスの利用頻度が高ければ楽天カード、というように各ポイントの利用用途が焦点となります。



Yahoo! JAPANカードの発行会社情報


発行会社 ワイジェイカード株式会社
所在地 ●本社
〒812-8524
福岡県福岡市博多区博多駅前三丁目4番2号
●東京本社
〒107-6220
東京都港区赤坂九丁目7番1号 ミッドタウン・タワー
設立年月日 2014年7月8日

Copyright(c) 2017 クレジットカードおすすめ比較 .All Rights Reserved.