セゾンプラチナビジネス基本情報

プラチナカード人気No.1
プライオリティパス最高クラス付帯
海外旅行傷害保険最高1億円
様々なプレミアムサービス

セゾンプラチナビジネス最新キャンペーン情報
キャンペーン内容 -
キャンペーン期間 -

年会費 1年目 2年目以降
20,000円(税別) 20,000円(税別)
(条件クリアで10,500円)
ETCカード 家族カード
無料 3,000円(税別)
*4枚まで発行可能
お申込資格 学生・未成年を除く電話連絡が可能で、 クレディセゾンと提携する金融機関に決済口座をお持ちの方
発行期間 最短3営業日

公式サイトへ移動・お申し込みはコチラ↓↓

直接申し込みが出来るプラチナカードはサービスも充実

多くの場合、プラチナカードを所持するには、ゴールドカードの利用状況をカード会社が判断し、それにふさわしいと思われるユーザーにのみ発行されるインビテーションの利用で、初めて所持する事ができる「プラチナカード」ですが、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は、そのような手順を踏むことなく、ダイレクトに申し込みが可能です。


さらに、他社のプラチナカードに比べ、圧倒的に安い年会費も大きな魅力です。

ここでは、その、手軽に持てるプラチナカードである「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の魅力と、利用のコツ、申し込みの注意点を解説していきたいと思います。

所持しやすさ第一位!セゾンプラチナビジネス

冒頭でも解説したように、直接申し込みが可能なセゾンプラチナビジネス。
「プラチナ」と聞くと、尻込みしてしまいそうですが、申し込み条件は「学生・未成年を除く電話連絡可能な方」となっており、大企業経営の大金持ちで無くても申し込む事ができます(もちろん、審査はありますが。。)。

ですので、「ステイタスの高いカードを持ちたい」と思われるのであれば、挑戦してみるのもいいでしょう。
実際に、会社経営者などでなくても、一正社員で所持しているユーザーも多く、そう言った面でも、敷居の低いプラチナカードだといえます。
晴れて審査に合格すれば、あなたも「夢のプラチナホルダー」となり、あらゆるシーンで社会的信用はグッと上がるはずです。

他のプラチナカードと比べ圧倒的に安い年会費

インビテーションを経て所持する他のプラチナカードはもちろん、セゾンプラチナビジネス同様、直接申し込みが可能な三井住友VISAプラチナカードなどと比べても、圧倒的に年会費が安いのがセゾンプラチナビジネスです。

ステータスカード年会費比較
アメックスプラチナ 130,000円(税別)
アメックスセンチュリオン 350,000円(税別)
三井住友VISAプラチナ 50,000円(税別)
JCBカードTHE CLASS 50,000円(税別)
セゾンプラチナビジネス 20,000円(税別)(条件クリアで10,000円(税別))

通常のアメックスプラチナカードの年会費が100,000円ほど、センチュリオン(ブラック)に至っては35,0000円ほど、と比べるまでもありませんが、同様の性格を持つ直接申し込みが可能なステータスカードである「三井住友VISAプラチナカード」や「JCBカードTHE CLASS(プラチナが存在しませんのでブラックカードとなります)」は、いずれも同額のの50,000円ほど。

これらと比べても、セゾンプラチナビジネスの20,000円という年会費は破格と言えます。

年間200万円のカード利用で年会費は10,500円と半額に!

さらに、利用状況に応じて、この年会費も半額の10,500円となるので、極力費用をかけずに一つ上のサービスとステータスを得たいと思われるなら、絶対にオススメのカードだと言えます。

年会費半額の条件として、前年度にカード利用額が200万円を超えてなくてはなりません。
200万円と聞くと、とても大きな額に感じると思いますが、ショッピング以外にも、家賃や公共料金、通信費などの支払いを、こちらのカードで利用すれば、けして難しい条件ではないと思います。

セゾンプラチナビジネスの注意点はこれだけ

しかし、注意しなくてはならないのは、この条件は前年度の利用額で適応されるということ。
つまり、初年度分の年会費は満額(20,000円(税別))を支払わなくてはなりません。

この点に納得できるなら、それを補ってあまりあるほど魅力的なサービスを受けることができるのが、セゾンプラチナAMEXです。
ここからは、晴れて審査に合格し、所持した場合に受ける事のできる魅力的なサービス内容を解説していきたいとおもいます。

プライオリティパス プレステージ会員自動付帯

こちらのカードを選ばれる方の最大の理由が、この「プライオリティパス プレステージ会員自動付帯」です。
セゾンプラチナビジネスに付帯されるプライオリティパスは、利用ごとに料金がかからない、全世界、どの空港ラウンジでも無料で利用できる最高クラスのプレステージ会員で、こちらの会員費(399ドル)だけで考えても、このカードは大変お得なのです。
プライオリティパス・とは?

チケットの手配や旅の相談も全ておまかせ

もちろんそれ以外にも、旅行をする上で心強いサービスが満載です。
現地情報の案内や様々な予約の代行、チケットの手配などを電話一本で依頼することが可能な「海外アシスタンスデスク」の利用や、大きな安心を得ることができる、自動付帯される最高1億円の海外旅行傷害保険(国内は最高5,000万円が自動付帯)。
航空券の予約、発券はもちろん、旅の相談全般を引き受ける「トラベルサービスオフィス」などが用意されています。

セゾンプラチナビジネスはビジネスにも最適

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」と、カードの名称に「ビジネス」と付いているだけあり、お仕事するうえでも便利で心強いサービスが満載です。
カードの引き落とし口座に法人口座を指定できるのはもちろん、本会員とほぼ同等のサービスを受けることができる追加カードの発行も、年会費一枚3,000円(税別)で四枚まで可能。
さらに、それらの利用明細を、直近三ヶ月分まとめてCSVのデータで受け取ることも出来るので利用状況管理も簡単に行えます。
ほかにも、事務用品やレンタカー、宅配サービスなどの様々な業種の経費の支払いを、交渉すること無くいつでも優待価格で利用することが出来る、ビジネスアドバンテージなど様々なサービスが用意されています。

リージャスビジネスラウンジも初年度無料


▲リージャスビジネスラウンジの専用デスク

全世界の空港ラウンジ以外にも、 世界85カ国、500都市、1200カ所を拠点とする、リージャスビジネスラウンジを初年度無料で利用することができます(通常57,600円(税別))。
このリージャスビジネスラウンジとは、ビジネスに完全対応したラウンジで、Wi-Fi設備や、プリンター、スキャナーの無料利用、無料ドリンクなどはもちろん、専門チームによる事務サポートや、共有スペースでプライバシーを守るため、個別の空間を作る事のできる専用デスクなどが用意されており、人脈作りの機会を失わず、円滑に仕事を進める事ができる、ビジネスに特化したラウンジサービスとなっています。

プラチナ会員らしいゴージャスな優待サービス

セゾンプラチナビジネス会員には、一流ホテルやエアラインをはじめ、レストラン、ショッピング、エステ、スパなど、様々なシーンで、例えばホテルの利用なら、ルームアップグレードや、朝食無料、フィットネス利用、ショッピングなら料金優待、スパなら、オリジナルメニューの用意など、様々な優待サービスを受ける事が可能となる「entrée(オントレ)」というサービスが用意されています。

コナミスポーツクラブも法人会員向けプランで利用可能

ほかにも、全国で190カ所以上のスポーツクラブを展開する「コナミスポーツクラブ」を法人会員向けプランで利用することも可能です。
料金設定には、1回800円(税別)からの利用料のみで利用可能な「都度利用制」と、月々4,400円(税別)からの「月会費制」の2種類が用意されています。


コナミスポーツクラブ料金設定
都度利用制 会員費が必要なく、利用料のみ
800円(税別)から
月会費制 月々4,400円(税別)から

格式高い個性的なホテルを特典付きで利用可能

さらに、世界70カ国、520軒以上存在する、一日の利用客を数組で限定するような格式の高い小規模な高級ホテルだけで構成されたホテルブランド「スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド」をプラチナ会員専用の特典つきで利用が可能なことや、 ミシュランガイドで星を獲得するハイクラスなレストランや、高級ホテルが実施するプラチナ会員専用のゴージャスなイベントに抽選で参加する事もできます。

セゾンプラチナビジネス詳細情報一覧

年会費 1年目 2年目以降
20,000円(税別) 20,000円(税別)
(条件クリアで10,500円)
ETCカード 家族カード
無料 3,000円(税別)
*4枚まで発行可能
お申込資格 学生・未成年を除く電話連絡が可能で、 クレディセゾンと提携する金融機関に決済口座をお持ちの方
発行期間 最短3営業日

ポイントサービス 名称 有効期限
永久不滅ポイント 無期限
ポイント付与 利用ポイントレート
1,000円=1ポイント(海外利用は2倍) 1ポイント=5円

金利・手数料 分割払い リボ払い キャッシング
9%~11.2% 14.52% 18.00%
支払方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括/ボーナス2回/リボ払い

空港利用情報 空港ラウンジ プライオリティパス
- -

保険情報 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険
最高一億円 最高5,000万円
ショッピング保険 盗難保険
購入日から120日間 カードを不正使用され場合、届け日から60日前にさかのぼりそれ以降の損害額を補償

発行会社 株式会社クレディセゾン
所在地 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・52F
設立年月日 1951年5月

公式サイトへ移動・お申し込みはコチラ↓↓

セゾンプラチナビジネス類似カード

  • アメックスゴールドカード
  • 三井住友VISAゴールド
  • JCB ゴールド・カード
  • 年会費:29,000円(税別) 年会費:10,000円(税別)
    (初年度無料:翌年から条件クリアで4,000円(税別))
    年会費:10,000円(税別)
    (初年度無料)
    旅行傷害保険:
    海外 最高一億円
    国内 最高5,000万円
    (どちらも旅行代金カード決算が条件)
    旅行傷害保険:
    海外 最高5,000万円
    国内 最高5,000万円
    (事前の旅費等の当該カードでのお支払い有無により最高補償額が異なる)
    旅行傷害保険:
    海外 最高一億円
    国内 最高5,000万円
    (旅行代金をカード決算しなければ海外は最高5,000万円)
    憧れの「アメゴ」。ステータス性の高さとプライオリティパス自動付帯が魅力。センチュリオン(ブラックカード)を狙うならここからがスタート。
    条件クリアで4,000円と低価格な年会費ながら、ゴールド専用サービスが充実。裏ワザで、ポイントだってジャンジャン貯まる!安心のVISAブランド。
    海外、国内、どちらの旅行傷害保険もカード利用なしでも最高5,000万円(海外のみカード決算で最高一億円)国内にとにかく強いJCBブランド。

    Copyright(c) 2017 クレジットカードおすすめ比較 .All Rights Reserved.