P-oneカードスタンダード/P-one Wiz 基本情報


P-oneカードスタンダード盤面画像 P-oneWiz盤面画像
どこで利用しても請求時1%割引き
年会費永年無料
機能別に用意された4種類のカード
MASTER、JCB、VISAから選べる

P-oneカード最新キャンペーン情報
キャンペーン内容
キャンペーン期間

年会費 1年目 2年目以降
両カードとも永年無料
ETCカード 家族カード
両カードとも年会費は無料だが、新規発行時、また有効期限終了による更新発行時に1,000円が必要(税別) [P-oneスタンダード]:初年度無料、2年目以降からは200円のカード管理費が必要(税別)
[P-one Wiz]:永年無料
両カードとも発行枚数は本カード1枚につき3枚まで
お申込資格 18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある電話連絡可能な方。(高校生を除く)
発行期間 ネットからの手続き後、約2週間程

本カードの申し込みボタン

似た機能を持つP-oneカードスタンダードとP-one Wizを徹底的に比較


男女が書類を持って比較している画像

P-oneカードスタンダードとP-one Wizは、どちらも請求時に1%が自動で割引きされるサービスがついており、その違いが分かりにくくもあります。

では、両カードにどのような違いがあるのか、また、どちらがお得に使えるのかを比較、検証してみました。



両カードが同等に持つP-oneカードの主な特徴

まずは、両カードとも同じように持つ、P-oneカードの特徴的な性能や機能を解説していきたいと思います。


最大の特徴は請求時1%割引き


1%オフのイメージ画像

いつ、どこでカードを利用して支払いを行っても毎回自動で1%オフにするのが「P-oneカードスタンダード」と「P-one Wiz」両カードが持つ最大の特徴です。

このため「どこのお店で使うのがオトクで、どこのお店はそうじゃないか」を考える必要がないのはもちろん、他社カードのようにカード利用で貯まったポイントを何かに交換して使うといったことを考える面倒もありません。

もちろん、有効期限によるポイント失効を気にする必要もありません。

また、通常は割引されることは無い、「電気代やガス代、水道代などの公共料金」や、「携帯電話代」、また「税金や国民年金」、「保険料」なども、カードを使って支払う事で値引きの対象となるので大幅な節約に繋げることが出来ます。


年会費永年無料


年会費無料イメージ画像

「P-oneカードスタンダード」「P-one Wiz」、どちらのカードにおいても、発行手数料や年会費などは永年無料で一切かかりません。
つまりカードを所持するだけなら完全に無料なので、クレジットカードは持っていたいけど、使うかどうかは分からないという方にもオススメです。


国内主要ブランド3つから選べる


選択可能な発行ブランドにおいても、


VISAロゴ
日本はもちろん、世界でもNo.1のシェアを誇り「海外モバイルwi-fiルーターレンタルサービス」や、「海外でお得になる優待特典」など、海外でとにかく強い「VISA」。

MasterCardロゴ
「優待価格でのハーツレンタカー利用」や「HOTELS.COMの限定割引」、また「ハワイや韓国、アメリカ、イタリヤ、イギリス、シンガポール」などで、様々な優待サービスが受けれる「MasterCard」。

JCBロゴ
日本全国にあるレストランやレジャー施設などの様々なお店を、優待価格やクーポン利用でお得に使える、とにかく日本国内で強い「JCB」。


どちらのカードも、上記3つの中から選ぶ事ができるので、P-oneカードのサービスにさらに付加するサービスも幅広く選択することができます。


P-oneカードスタンダードとP-one Wizの機能や性能の違い


P-oneスタンダードとP-oneWizの対決イメージ画像

上記のように「常時1%オフ」「年会費無料」「主要3ブランドから選択可能」と主だった機能は全く同じな「P-oneカードスタンダード」と「P-one Wiz」は、どのような違いがあるのか、様々な側面から比較していきたいと思います。


P-one Wizは1%オフに加えポイントも貯まる


1%オフにポイントがたされてるイメージ画像

自動1%オフだけでもかなりお得なカードといえるP-oneカードですが、P-one Wizではこの1%オフに加えて、さらに1,000円ごとにポケットポイントが1ポイントが付与されます。

このポイントだけ見ても還元率は0.3%あり、さらにP-one Wiz限定のサービスとして、ポケットポイントからT-ポイントへの交換した場合は0.5%の還元率に上がるので、この時点で実質還元率は1.0%割引き+T-ポイント0.5%付与=1.5%の超高還元カードだと言えます。


P-one Wizは入会後半年間はポイント3倍


ポイント3倍のアイコン

P-one Wizに入会してからの6ヶ月間は、上記の付与ポイントがなんと3倍になります。
つまり、このポイントをT-ポイントに変換すればなんと2.5%の超高還元カードとなり、現時点で最強のクレジットカードになるのです。


P-oneカードスタンダードとP-one Wizの支払い方法を比較


注意マーク画像

上記の点だけ見てみると、超高還元カードであるP-one Wizの方が、圧倒的に魅力が高いと思いがちですが、注意し無くてはならないのがP-oneスタンダードとの支払い方法の違いです。


P-one Wizはリボ払い専用。。だけど


P-one Wizには、P-oneスタンダードで選択できる「一回払い」「分割払い」「ボーナス一括払い」「ボーナスニ括払い」「分割払い」が存在しません。
つまり「リボ払い」でしか運用できないのです。


また、これは誤差の範囲ではありますが、リボ払いの手数料率が、
P-oneスタンダードは、17.95%
P-one Wizは、18.00%
0.05%の差があります。


とはいえ、スタンダードを選んだ場合も、他社のカードでは多くの場合に無料となる2回払いにおいても金利手数料がかかりますし(ボーナスニ括払いにおいても)、どちらのカードもリボ払いの初回手数料は無料となるので、P-one Wizには、実質「一括払い」と「リボ払い」の二つが存在するということになります。

つまり還元率を目的とした場合は、金利手数料が必要となる「リボ払い」に至っては選択の余地が無いので、実質「リボ払いを選択して、初期設定では「ミニマム・ペイメント」になっている支払い方法を「ずっと全額コース」に変更して、リボ払いだが初回のみで支払いを終える実質的な一括払い」を選ぶしかないということになります。

しかし、逆に一括払いで問題ないという方には、現時点でもっとも高還元なカードである「P-one Wizは、必携カード」といえるほどおすすめです。


微妙に違う付帯保険の内容を比較


支払い方法だけでなく、両カードには付帯する保険にも違いがあります。


どちらも付帯している合計121日間の盗難保険


泥棒のイラスト

どちらのカードにおいても、万が一カードを紛失または盗難被害に合った場合に、届け出をした日からの前後60日間(合計121日間)の全ての損害額が保証されます。

これは、ネット上の不正取引も対象なので、ネットショッピングに不安がある方にも安心の保険が付帯していると言えます。


ショッピング保険付帯はP-one Wizのみ


割れたiPhone画像

一般的にショッピング保険と呼ばれる「購入商品安心保険」は、P-one Wizのみに付帯しており、スタンダードにはありません。

P-one Wizに付帯しているその内容ですが、例えば、P-one Wizを利用して購入した商品が購入後90日以内に、万が一「破損」や「盗難」にあってしまった場合は、年間で最大50万円補償されるというものです。


P-oneスタンダード/P-one Wiz 比較一覧表


主な、両カードの違いは上記の通りです。

ではそれぞれの違いを一覧表にしてまとめてみたので、それぞれを比較してみましょう。

P-oneカードスタンダード盤面画像
P-one スタンダード
P-oneWiz盤面画像
P-one Wiz
年会費永年無料
国際ブランドVISA MasterCard JCB
申込資格18歳以上でご自宅に電話連絡可能で安定した収入のある方、またはその配偶者(高校生のぞく)
支払方法
ショッピング
リボ払い
1回払い
分割払い
ボーナス一括払い
ボーナス2回払い
リボ払い
支払方法
キャッシング
一括払い
リボ払い
(あとリボくん
リボゾー)
一括払い
リボ払い
(あとリボくん)
実質年率
ショッピング
ショッピングリボ払い手数料率:17.95%
ボーナス2回払い手数料率:5.03%~13.39%
分割払い手数料率:17.95%
ショッピングリボ払い手数料率:18.00%
実質年率
キャッシング
14.95%~17.95%
利用可能枠上限ショッピング:上限200万円/キャッシング:上限150万円
割引特典どちらの店舗で利用しても請求時1%割引き
盗難保険届け出をした日からの前後60日間(合計121日間)の全ての損害額を保証
ショッピング保険商品購入後90日以内に最高50万円まで補償
発行会社ポケットカード株式会社
1982年5月25日設立

[検証結果]P-oneスタンダード/P-one Wiz はどちらがお得?


天秤に乗った両カードのイメージ画像

両カードに備わっている「1%割引き」に加え、高還元ポイント付与による「最高2.5%の超高還元(入会後半年間のみ)」、また、スタンダードには無い「ショッピング保険付帯」など、メリットだけ並べてみると圧倒的にP-oneWizに軍配が上がります。


しかし、唯一ネックとなるのが、P-one Wizは、「リボ払い専用カードである」ということです。


とはいえ、このデメリットもスタンダードと比べてみるとさほど問題ではありません。


なぜなら、リボ払いであったとしても初回手数料は無料なので、初回のみで全額を支払えば(実質一括払い)をしてしまえば、手数料はかかりませんし、なにより、比較対象であるP-oneカードスタンダードにいたっても、二括払いからは手数料がかかってしまいます。


P-one Wiz勝利のイメージ画像

つまり、どちらのカードを選んでも、P-oneカードのメリットを活かすには一括払いが最良ということになるので、その結果、
カードの性能が高いP-one Wizの方が断然お得ということになります。


本カードの申し込みボタン

Copyright(c) 2017 クレジットカードおすすめ比較 .All Rights Reserved.